吉野内科・神経内科医院 内科、神経内科、リハビリテーション科(千葉県・市川市・国府台)
吉野内科・神経内科医院 内科、神経内科、リハビリテーション科(千葉県・市川市・国府台)

医院案内 診療案内 リハビリテーション科案内 施設案内 ALS治療情報 お問い合わせ

お知らせ

ALS患者さんを対象にした臨床研究を行っています

●研究名:DF-521の筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する探索的臨床研究

■試験の概要
 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動ニューロン(運動神経細胞)が選択的かつ進行性に傷害される、神経変性疾患です。DF-521(製品名:デフィブラーゼ点滴静注液)は血液中のフィブリノーゲンという物質を低下させ、血液の流れをよくする薬剤で、現在、慢性動脈閉塞症に伴う虚血性諸症状、振動病における末梢循環障害、突発性難聴の改善に用いられています。また、非臨床の研究により「神経機能障害の抑制」と「神経組織の再生」が示唆されています。本臨床研究は、重症度1〜3度の患者さんを対象にDF-521を下記投与スケジュールで投与し、有効性及び安全性を検討することを目的としています。


■投与スケジュール
 DF-521を「原則隔日1回、6週間(計18回)点滴静注の後2週間休薬」を1クールとして、3回繰り返します。研究期間は24週間です。


■ご参加いただける方の基準(抜粋)
1)神経内科専門医から「ALS確実」、または「可能性高し」の診断を受けている。
2)ALSの重症度分類が1〜3度である。
3)発症から3年以内
4)呼吸困難症状がない。
5)年齢が20歳以上75歳以下
6)研究期間中、当院に通院可能 上記の他、参加条件があります。

詳しくはお問い合わせいただいた後、確認いたします。


■費用について
 試験薬費用の自己負担はありません。


■ 説明を詳しく受けたい、または参加を考えたい方は、当院のアドレスまでご連絡ください。
 yoshino-iin@silk.ocn.ne.jp


医院案内 診療案内 リハビリテーション科案内 施設案内 ALS治療情報 お問い合わせ

吉野内科・神経内科医院
〒272-0827 千葉県市川市国府台3-3-16
TEL.047-374-0056 FAX.047-374-0058
yoshino-iin@silk.ocn.ne.jp

Copyright (c) 2006 Yoshino Neurology All rights reserved.